オッズを使って競艇の予想をするメリット

基本的に勝つ可能性が高いコース

競艇においての絶対的な基本はなんといっても1号艇ということになります。

ですからそれをベースの基本にするというのは当たり前なのですけどそこから逆に考えて配当が高いあたりを目指すということが割と定石として存在しています。

要するに1号艇の人が来ないようなレースというのを狙うわけです。

競馬のように10頭ということではなく、6つしか選択肢がありませんので当てやすいということはあるのですが配当が少なめになるというのが競馬などに比べると多いです。

そして、何事も無ければ圧倒的に1号艇が有利になるということがありますから、それをベースにすることによって成功率が高くなるという可能性があるわけですし、これが定石なのですが当然少しでも高い倍率を狙いたいと言うのであれば1号艇が来ないですというのを狙って行くのがベストです。

1コースが先行して、ブイを回って先頭に立てばほとんど勝ってしまうということになりますのでそこで決まってしまうのが競艇の面白いところでもありつまらないところでもあります。

ではどのようにそういう1号艇が来なそうなレースを選ぶのかということになるわけですが一つとしてそもそも1号艇が不得意なレースとかコース、或は体調がよくない、成績がこのあたりよろしくない、ということがありますから、その辺りの情報を掴んだ時に一気にかけるというのがやり方として良いと言えるわけです。

走る距離が違うわけですから基本的にインコースが最も有利ではあるわけですが追い風の時にもそれは言えますがあまりにも風速が強すぎるとインコースが不利になるということがありますので、そういう時期があった時に狙うというのも一つのやり方になります。

基本的に常にすべてのレースに賭けるということは避けることです。

これを避けて、鉄板ともいえるようなレースとかこれは荒れると思えるようなものを狙っていくということがお勧め出来ます。

基本は1号艇です。

これはまさに基本中の基本であるということになりますから、これはよく知っておきましょう。

予想をするときには、これがまさに基礎になります。

その上で考える事が荒れることです。

荒れることによって倍率が高くなるわけですが、これが1号艇になります。

そして、それがはずれる可能性が高いレースを見つけ出す、ということが重要になります。

これこそが一つのレース予想のやり方ができるようになると大きく勝つことができる可能性が高くなります。